ミニマップ標示

概要

更新履歴

スクリーンショット

スクリプト

◆オプション

  1. マッピング
  2. カーソル操作

簡単な説明

◆各タイプの説明

タイプ0
マップ全体を表示するタイプ。
タイプ1
プレイヤーの周辺を表示するタイプ。

◆ミニマップの表示位置の変更

[プラグインコマンド]にてミニマップの表示位置等を変更できます。

本スクリプトに、ボタンを押すことで表示位置を変えるような機能はありません。
そういった機能は並列処理などを使って、再現してください。

◆タイルセットのモードによる自動生成の違い

タイルセットのフィールドタイプとエリアタイプとでは、自動生成される簡易マップの描写方法が異なります。

フィールドタイプでは、地形によって簡易マップに標示される色が変わります。

エリアタイプでは、通行可能かどうかと梯子、茂み、カウンターといった各設定で色が変わります。
ツクールの仕様上、タイルセットのA4(壁)の上部分は通行可能となっています。

他にも、町などのマップで本来であれば移動できない塀の外なども通行可能と標示されてしまいます。

それらに対応するため、指定したリージョンIDが設定されているタイルは通行不可と標示する機能を
使用してください。

マーカー

◆マーカー画像の規格

ミニマップに表示するマーカーはすべて一つの画像にまとめる必要があります。
MinimapMarkerSet という画像ファイルを img/system フォルダ内に保存してください。

マーカー画像は横方向に8個並べたものを1ブロックとし、そのブロックを必要なだけ縦に長くしたものです。

マーカー画像の幅を8で割ったものが、マーカー1個の幅と高さになります。


サンプル画像(フリー素材):

マーキング

指定した座標やイベントを中心とした円形や四角形の画像をミニマップ上に表示します。

マーキングの設定や削除はプラグインコマンドから行えます。

フレーム

プラグインコマンドにて、ミニマップにフレーム画像を重ねて表示することができます。

フレーム画像ファイルは img/pictures フォルダ内に保存してください。

ツクールMVの仕様上、プラグインコマンドから指定したファイルは
デプロイメントの「未使用ファイルは含まない」に対応することができません。


使用しないコモンイベント内で「ピクチャの表示」を行うといった対処が必要となります。

inserted by FC2 system